抜毛症歴13年女子が役立つ情報を発信するブログトップバナー

抜毛症の克服を目指す情報共有サイト 当事者の目線から原因や治療法か対処法などのコンテンツを配信していきます。

原因 原因や対処法 対処法

抜きたい時の対処法10選!抜毛症女子考案の原因治療法改善案

投稿日:2018年1月20日 更新日:

この記事では、抜毛症歴13年の管理人が考案?した、髪の毛を抜きたくなってしまった時の対処法を厳選10選をご紹介したいと思います。

番外編で「その他体毛への対処法」もご紹介します。

 

すでに試されている方もいるかもしれませんが…

こんなの考えたことなかった!と、対処法をひとつでもお持ち帰りいただけたら嬉しいです。

スポンサーリンク

抜毛症の対処法10選をご紹介します!

私が実際に実践している対処法10選を、「精神的対処法」「身体的対処法」の二つに分けてご紹介します。

抜毛症の対処法を精神面身体面でご紹介

精神的対処法①

時間を決める

これは私がよくやる対処法のひとつです。

衝動の抑制が効かなくなってしまった時、どうしても自分の意思でやめられないと思った時は「せめて時間を決める」ことです。あと一本あと一本…とタイミングを失ってしまったら「20時までは抜いててもOK」と決めてしまいます。時間がくるまでは無心で抜き続け、自分を許してあげた代わりに、決めた時間が来たら「手を止める」と自分に約束します。

交換条件のようなイメージかもしれませんが、個人的には「20時過ぎたら抜かない自分に生まれ変わるんだ!」という前向きな意味で実践していました。

時計を見つめながら一生懸命抜いていると、逆に「なんでこんなに必死になって抜いているんだろう…」と客観的に自分を見られるようになったりもします。

精神的対処法②

本数を決める

この、本数を決めるという対処法には

・一回の衝動で抜いてしまう本数を決める

・一日に抜いてしまう本数を決める

の二種類があります。

一度スイッチが入り抜毛症タイムに突入した時は少し冷静になりましょう。抜いてしまった髪の毛をかき集め、本数を数えて…例えば38本だったら50本まで、64本だったらいっそのこと100本までと上限を決めてしまいます。

(ティッシュの上に抜いた髪の毛を並べて数えていると上↑と同じように客観的に何してるんだろうって思ったりします。)

髪の毛を抜いてしまうというNGな行動の中に、仮の目標を定めて→それを達成するという一連の流れが生まれ、本能に反して抜く行為を無理やりとめることとは違う手順で衝動を抑えることが出来ます。

精神的対処法③

脳内で実況中継する

対処法①と②でもどうしても抜毛症の衝動を抑えられなくなってしまった時に私がよくやっていた対処法です。文字通り、抜毛症の症状を脳内で実況中継します。

抜毛症の症状を脳内で実況中継する

例えば…

「おーーーっと、まめこ選手(管理人)!また抜き始めました!」

「今日は職場で相当なストレスを感じてしまった模様!」

「これは果してやめられるのか~!?」

(以下、略)

妄想が得意な方にはオススメな対処法です。脳内で実況中継することで、自分の行動を冷静する思考が発生します。加えて、面白い実況中継をしようと考えることで髪の毛を抜きたいという衝動から意識が離れていきます。逃げようがない状況の時(ベットの中やひとりでぼーっとしている状態)には、この脳内実況中継が効果的でした。

精神的対処法④

克服した時の自分を想像する

髪の毛を抜いている時は、「一生こんな状態が続くのか…」「治るわけない…」「だれも理解してくれない…」なんて負の感情に支配されがちです。出口のないトンネルを歩き続けているような、日常生活のストレスも一緒に溢れ出してきてしまってなかなか衝動を止められなくなります。

気持ちが落ち込んでいる時に、克服した時の自分を想像することは難しいかもしれませんが、実際に私がこのサイトを運営するための情報収集の中で、抜毛症を克服した!という人のブログを多く見つけていることも事実です。

家族や友達の支えの中で克服した人、一人で精神科に通い薬物療法や心理療法で克服した人、それぞれの物語がありますが「克服できた」という最終章を読ませていただくと、自分にもまだ未来があるのだと前向きになることが出来ました。

抜毛症を克服してきた人たちのブログが心の支えに

例えば、諦めていたあの髪型にチャレンジしている自分・プールや温泉を人目を気にせず楽しんでいる自分など、たどり着ける未来がまだまだたくさんあることを知ることで孤独なトンネルの出口に小さな光が差します。

精神的対処法⑤

抜毛症で苦しんでいる人を想像する

抜毛症の患者は、全人口の0.5~2%と推測されています。

私たちが抜毛症で悩みを抱えているのと同時に、どこかで誰かも苦しんでいます。

例えば、自分の目の前に抜毛症の人がいたらどのように声をかけますか?

私だったら、「一人で辛かったですよね」「自分を責め続けるのはきついですよね」「大丈夫ですよ、抜いてしまった時は弱音を言い合いましょう」なんて声をかけると思います。周りに相談できる人がいなかったので、よく自分に対してこんな言葉を投げかけてきました。

親から「なんで抜くの?」と叱責された方の投稿を見ていると、やはり抜毛症の辛さを本当の意味で共有できるのは私たち当事者だけだと感じました。自分を責めて孤立してしまう前に、同士がいることを心の支えにして冷静さを取り戻すパワーにしましょう。

精神的対処法のまとめ

①~③は対処法としては有効だと思います。④と⑤は私の抜毛症に対する心構え?みたいな感じになってしまいましたが。どれも自分を客観的に見つめ、無理やり衝動を消そうとせずに向き合っていこうという考えが根本にあります。

今日からやめる!今月からやめる!今年はやめる!という目標は、13年間の間で達成することが出来ませんでした。ですが、これらの精神的対処法を実践することで、抜毛症を自分で理解せず闇雲に抜いていたころよりは衝動を抑えられるようになりました。

 

身体的対処法①

帽子をかぶる

これは皆さんが比較的多く実践されている対処法かな?と思います。

大事なのは、無理して一日中かぶり続けるのではなく、人目のない一人だけの時間の時にかぶるようにする、ということです。

人目がある場所よりも、自分だけの空間にいる時に髪の毛を抜いてしまう人の方が多いと思います。誰もいないから、誰も見ていないから、無意識に手が髪の毛に伸びてしまいますよね。そんな時にこそ帽子をかぶりましょう。

抜毛症の救世主ニット帽

私はニット帽派です。春夏用の薄めの素材(ターバンみたいな形をアレンジできるもの)と、秋冬用の厚めの素材(スポーツブランドのポンポンがついたニット帽)をそれぞれ数種類持っています。かぶり忘れたり、気分が乗らずにかぶらないこともありますが、夜お風呂に入るまでの時間かぶっていることで、かなり抜く本数が減りました。テンションをあげる為にも好きなブランドなどの帽子を購入されることをオススメします。

身体的対処法②

手袋をする

これも抜毛症の対処法あるあるですね。

大まかに、「手袋」と言ってしまいましたが、過去には「指サック」「軍手」「スノボ用の手袋」「ミトン」なんかも試してきました。

最終的に普通の手袋に落ち着いたのは、上記は日常生活に支障があったからです(笑)

コップが滑って落ちてしまったり、携帯が操作できなかったり、パソコンのタイピングが出来なかったり…実は今も手袋(ダイソーで購入)をしながらこの記事を書いています。

細かな作業をする際にはやはり外さないといけなくなりますが、冬場は冷え防止にもなって一石二鳥です。

身体的対処法③

リラックスできるツボを押す

手持無沙汰になっているとどうしても手が髪の毛に伸びてしまう感覚はなかなかどうにもなりません。意識して手を動かそうと、ゲームをしたり本を読んだりスマホを触っていてもどうしても片手が頭に伸びてしまいます。

これがどうにかならないかなーと思って調べたのが、片手のツボをもう片方の手で押すということです。嫌でも両手が塞がるので、おいそれと髪の毛を抜くことは難しくなります。

色々なツボの中でも、ストレスを緩和しリラックス効果のあるオススメのツボを2つご紹介します!

抜毛症に効くリラックス効果の期待できるツボ

神門(しんもん)

精神的な緊張をほぐし、イライラした気分を鎮めてくれる「神門(しんもん)」
不安感を特に強く感じている時は、このツボを刺激すると効果が期待できます。

場所:手首の横しわ付近、小指側の骨の横にある少しくぼんだ部分。

押し方:親指を神門にあて、残りの指で手首を支えます。
※「痛気持ちいい」と感じる強さで30回程度押します。

合谷(ごうこく)

気持ちがリラックスし、少しずつ平常心を取り戻すことができます。
また、ストレスで乱れた自律神経の機能を正常に戻す効果も期待できます。

場所:手の甲側、親指と人差し指の骨の分岐点、やや人差し指側にあるツボ。

押し方:親指を合谷にあて、「痛気持ちいい」と感じる強さで約30回程度押します。

身体的対処法④

小顔のツボを押す

同じように、ついつい髪の毛に伸びてしまう手を使って、小顔効果が期待できるオススメのツボを2つご紹介します!

ストレスを緩和し小顔効果のあるオススメのツボを2つご紹介します!

太陽(たいよう)

顔のむくみの解消・二重まぶたをつくる、といった顔を小さくする効果が期待できるツボ、
眼精疲労の改善やや老眼によって落ちた視力を回復させる効果まであると言われています。

場所:眉毛とこめかみの間、やや眉毛よりの位置

押し方:両手の親指の腹を左右それぞれの太陽にあてて、痛気持ちいいと感じる強さで約30回押して揉みます。

地倉(ちそう)

表情筋のコリを緩める・顔のむくみの解消などの効果が期待できるツボ、
お腹の調子を整え、食欲を押させる効果まであると言われている。

場所:口角の1cm外側付近

押し方:両手の人差し指の腹を左右それぞれ地倉にあてて、ゆっくり5秒間押しては離してを5~10回程度繰り返します。

身体的対処法⑤

人のいるところに移動する

よほどの衝動でない限り、人の目のあるところで髪の毛を抜いてしまうことはないと思います。(判断がまだ出来ない小さなお子さんは除く)私も髪の毛を抜くのはもっぱら、自分の部屋、もしくはお風呂場など一人きりの空間にいる時だけです。

髪の毛を抜きたいから一人になるというよりも、一人になって孤独や不安に襲われると髪の毛を抜いてしまうという自覚があるので、引き籠りたい感情と戦いながらもリビングに行くようにしています。

大人になってから更に親との会話も減り、干渉されることに煩わしさを感じないと言えばうそになりますが、抜毛症の症状を抑えるストッパーという意味で居てもらえて非常にありがたいと思います。

身体的対処法のまとめ

身体的対処法では、物を使った対処法・いっそのことツボを押して紛らわせちゃう対処法と自分のいる場所を移すという対処法をご紹介しました。

髪の毛を抜きたいという衝動は心からくるものなので、身体の動きを抑制するというの対処法が本当に効果的なのかは判断が難しいですが、精神的対処法と合わせて上手に実践していただけたら嬉しいです。

 

番外編

まゆげへの対処法

眉ティントを塗る

眉毛を抜いてしまうという抜毛症の方も多いと聞きます。(私は眉毛付近に痛点が多いのか、抜くと非常に痛みを感じるので普段はカットするくらいです。)

そんな中でも対処法としてひとつご紹介できるのが、「眉ティント」を塗ることです。

お肌に合う合わないがあると思いますし、毎日塗るようなものでもないので対処法としては弱いかもしれませんが、眉ティントを塗ると、「一定時間触れなくなる」という強制力があります。

※眉ティントをご存じない方は以下のページからご参照ください。

 

体毛への対処法

体毛はフェロモン拡散の役目

体毛に対しての抜毛症に関しては少しナイーブな話なので、また次の機会に詳しく書かせていただきますが、「ひげ・わき毛・手足の体毛・アンダーヘア」など髪の毛とともに抜いてしまうエリアとして抜毛症の私たちの悩みのひとつになっています。

それぞれの対処法を検討する前に、人間に生えている体毛には「フェロモンを拡散する」という大きな役割を持っています。

激しい運動をしなくても、人間は発汗を続けています。身体の各所にある体毛をアンテナとしてフェロモン(におい物質)を拡散すしていることから、体毛を抜きすぎると「目に見えない魅力」を失っていくとだけ理解していただけたらと思います。

 

対処法10選+番外編のまとめ

対処法10選はいかがでしたでしょうか?

私だけでも10個ほどの対処法を挙げられることが出来たので、みなさんもオリジナルの対処法をお持ちなのかな?と感じました。

抜毛症で悩む人が一人でも減るように、情報の共有を進めていきたいと思います!

 

 

スポンサーリンク

-原因, 原因や対処法, 対処法