Time’s Up運動と職場にいたセクハラ上司の話と抜毛症 – 抜毛症歴13年女子が役立つ情報を発信するブログ
   抜毛症歴13年女子が役立つ情報を発信するブログトップバナー

抜毛症の克服を目指す情報共有サイト 当事者の目線から原因や治療法か対処法などのコンテンツを配信していきます。

ブログ 管理人の雑談

Time’s Up運動と職場にいたセクハラ上司の話と抜毛症

投稿日:

管理人の雑談ブログです。

この話題、書こうかどうか少し迷いました。

抜毛症の話からは少し逸れてしまいますが、普段とは違った毒舌フランクな語り口で展開しますのでお時間ある方はぜひお立ち寄りください(^^)

 

スポンサーリンク

ハリウッドで最近騒がれているセクハラ問題

セレブ達の間では「Time’s Up(タイムズ・アップ)運動」なるものが行われているようです。

Time’s Up(タイムズ・アップ)とは?

アメリカを中心とするエンターテインメント業界の関係者が、セクシャルハラスメント(性的嫌がらせ)や性差別・男女間格差による被害者を支援する運動。

Time’s Up(タイムズ・アップ)=「もう終わりにしよう!!」

今まで闇に葬られてきたセクハラ行為を暴露した女優さんをきっかけに、ハリウッド女優ら、各界の著名人が「#Me Too」(私も)というハッシュタグを付けて自信の過去のセクハラ経験を投稿するケースや、全てのセクシャルハラスメントの撲滅、女性の地位向上やLGBTなどマイノリティーの保護を訴える為に、第75回ゴールデングローブ賞に出席した多くの女優が黒い衣装に身を包み出席するなどの活動を行っています。

 

Time's Up(タイムズ・アップ)運動ナタリーポートマンさんのインスタグラムより

(ナタリー・ポートマンさんのInstagramより)

 

今回なんでこの話題を取り上げたかと言うと、

私も最近セクハラを体験しました。

 

私が受けたセクハラ体験

実は既にその職場を離れているので、今更掘り起こして騒ぎ立てるつもりは全然ありません。むしろ書くネタがなかったから「ネタに使ってやろう」くらいの感覚です(笑)

結論から言ってしまうと、このセクハラ上司がいかに残念な人間であるか。という内容なのですが、せっかくなので詳細を書きます。

セクハラ上司(40歳くらい)
嫁子どもいるけど奥さんには相手にされていない模様
中肉中背のやや小太り?
転職前は大企業で月収70万とか

※スペースもったいないので字小さめ↑w

 

このセクハラ上司は、仕事は出来る?ようなのですが、プライドが高く、一緒に仕事をし始めて数日経つ内には「あぁ~この人男尊女卑の感覚強いなぁ」と分かってしまうレベルの残念なおっさんでした。

本人は俺、頭いい!と思っていたみたいですが、私からすると…

「自分が異性の年上の上司って立場にいることも理解せず、女性社員に対してセクハラ発言・行動をしてしまう。尚且つそれがセクハラだと気付いていないところが非常に頭悪い!!!」と思いました。

私が言われた言葉もされた行動も、本当に深刻なセクハラで悩んでいる方からすると大したことないと自覚していますが、親でも兄弟でも友人でもないおっさんに言われたりされたりしたら嫌なレベルを超えていたのでマジ無理でした。

Time's Up(タイムズ・アップ)運動職場でのセクハラダメ絶対

具体的に言うと、

どこのキャバクラで働いてるん~?

いや、ナイトワークしてないし。(興味はある)

男がシークレットヒール靴に入れるみたいに女の人もブラジャーにパッド入れるんやろ~?

マジきもいw(しかも他の社員がいないところで、話にはなんの脈絡もなく)

顔ここらへん丸なったな~。

余計なお世話すぎる…。

 

一番衝撃的だったのが、私が少し具合悪そうに?室内でマフラー巻いて仕事をしていた時にいきなりおでこを触ってきたことです。(隣の席だったのです。)

職場でのボディタッチはセクハラです

↑これは肩だけどw

セクハラ上司が席立った瞬間ティッシュでおでこを拭きまくりました。

これに加えて、仕事の質問をした時に膝がぶつかるまで椅子を近づけて延々1時間以上ご説明を賜った時はたぶん白目になっていたと思います。

(この二つに関してはイケメンの同僚とかだったらウェルカムなのに…と思ってしまう自分。)

 

実際に文章にして再度検証した結果、このセクハラ上司は

  • 寂しい人なんだ
  • 面白い話題ないんだ
  • 女性経験が乏しいんだ

という結論に至りました。

 

これらの言動が自分のおとんだったり彼氏だったりしたら適当に流して済ませられますが、如何せん、あなたは会社の上司であってお友達でもなんでもないんだからこういうことしちゃダメですよ~って教えてあげようかと思いましたがめんどくさいのでやめときました。

多分プライドが邪魔して素直に聞いてくれないと思ったので。

 

私もハリウッド女優みたいに少し戦えばよかったのかなぁ…なんて思ったり、相談した職場の先輩には「あの人は仕方ない」みたいなこと言われましたが。

本人にセクハラしている自覚があったにしてもなかったにしても、セクハラなんて受け流せばいいのになんて言う人には、

「じゃあ、職場でナイフ振り回している人がいたら同じように受け流せって言うの?」って聞いてみたいです。

される側が我慢すればいいなんていう理屈は通りません。

 

この一連のモヤモヤのせいで、家に帰ってから髪の毛むしりたい衝動と三ヶ月間戦いました。おっさんが原因で抜毛症を加速してなるものかとすごーーーく我慢しました。

 

ストレスは本当に良くない(´・ω・`)

 

一瞬、仕事用のメッセージアプリのアイコンを「#Me Too」にしようかと思いましたがなんとか堪えたという管理人の雑談でした~(^^)

スポンサーリンク

-ブログ, 管理人の雑談