抜毛症女子が美容院に行かずに実践できる2018年トレンド髪型前髪 – 抜毛症歴13年女子が役立つ情報を発信するブログ
   抜毛症歴13年女子が役立つ情報を発信するブログトップバナー

抜毛症の克服を目指す情報共有サイト 当事者の目線から原因や治療法か対処法などのコンテンツを配信していきます。

ブログ 抜毛症のお話

抜毛症女子が美容院に行かずに実践できる2018年トレンド髪型前髪

投稿日:

情緒不安定で落ち込んだ時は、同じ抜毛症で悩んでいる方のつぶやきや、克服した方のブログを読んだりして気持ちを落ち着かせています。

たくさんの方の投稿で目に付いたのが、髪型・ヘアスタイルの悩みです。

学校や会社ではずっと帽子を被っている訳にもいかず、外出すれば否応なく人目に晒さざるを得ません。

何の気兼ねもなく、自由に髪型を楽しんでいたのは高校一年生くらいまでだった私も、またいつか可愛いヘアアレンジで外に出れることを夢見ています。

 

スポンサーリンク

美容院に行かずに実践できる2018年トレンド髪型

同じ思いをされている女性陣に送る今回のブログでは、美容院に行かずに実践できそうな2018年のトレンド髪型&前髪をご紹介したいと思います。

そろそろ春夏のトレンドが雑誌やSNSで拡散されてきています。その中から、軽やかな印象で気持ちも優しくなれそうな髪型を厳選しました!

 

抜毛症女子も実践できそうな髪型&前髪

短くていい!少なくていい!ベビーバング!

2018年トレンドの前髪ベビーバング

2018年トレンドの髪型を語る上で絶対に外せない「ベビーバング」。赤ちゃんの前髪と表現される幼可愛さ(おさなかわいさ)で、春夏シーズンには10代・20代・30代の女性に流行ること間違いなしとされています。

「オン眉」(眉毛が見える短さ)もベビーバングと並ぶキーワードになっていて、いかにナチュラルな眉毛を一日キープできるかがポイントになってきますが、表情が明るく快活な印象になることから、異性受けも期待できるのでぜひチャレンジしてみたい前髪です。

抜毛症の症状として、前髪を集中的に抜いてしまうという投稿をよく目にします。かくいう私もその一人なのですが、勉強中やパソコンをやっている時、視界に入る前髪を無意識に触ってしまいます。「ベビーバング」で「オン眉」にすることで極力前髪の存在感をなくし、意識から遠ざけられればと思います。

また、前髪周辺の毛量が少ない場合でもチャレンジでき、長さや束感も自分で調節できそうなのでトレンドを掴んだ気分転換として試されてみてはいかがでしょうか。

 

アクティブボーイッシュショートヘア

2018年トレンドの髪型アクティブボーイッシュショートカット

海外の女性セレブもこぞって挑戦している「ボーイッシュショートヘア」。2017年春夏のメンズハイブランドのコンセプトになっていた「ユーティリティ」に触発され、普通のショートカットに物足りなさを感じたファッションアイコンが続々と取り入れています。

※「ユーティリティ(Utility)」とは、直訳すると「役に立つ」「実用的な」という意味の言葉で、ファッションにおいては機能的なデザインを指します。

抜毛症の克服を目指す方の中には、一度髪の毛全体を短くし、カウンセリング療法や薬物治療を行いながら生え揃えさせていたり、ウィッグを使用する為にあえてベリーショートにしている方もいます。

完治を目指す意識の中には、長い髪の毛に憧れる部分もありますが、身近な目標として、ボーイッシュショートカットで外出できるようになれば、自分に自信が持てるようになり憂鬱な気分も晴れてくるのではないかと思います。

 

無造作ショートボブ

抜毛症でもチャレンジできそうな2018年トレンドの髪型ムゾウサショートボブ

ここ数年、ロングヘアよりもショートヘアやボブなどの短い髪型に注目が集まっています。最近勢いのある女優や有名人は、軽めの髪型で高感度も高く感じられますね。

おしゃれに敏感な女性にも人気の高い「ショートボブ」は、「外ハネショートボブ」や「内巻きショートボブ」「ひし形ショートボブ」「艶ボブ」「ふんわりボブ」「ヌーディボブ」「エアリーカールボブ」「フレンチウェーブボブ」「大人ドレープボブ」などたくさんの種類・アレンジがあります。

抜毛症の症状として、局所的・部分的に集中して抜いてしまうという癖があります。

(私も同じく、耳の裏側、特に聞き手の右手側を抜いてしまう癖があることから、左側よりも右側の毛量が圧倒的に少ないです。)

今回オススメした「無造作ショートボブ」は、この毛量の偏りや長さのチグハグさをカバーしてくれる優秀な髪型だと言えます。今ロングな私も、もう少し暖かくなってきたらショートボブにしてオシャレな「無造作」を楽しみたいと思っています。

 

おしゃれ番外編

大ぶりなピアスで気分転換&願掛け

大ぶりなピアスで気分転換と願掛けを

ヘアスタイル以外にも実践できる頭部のおしゃれ、「ピアス」です。

あえて大ぶりなピアスをすることで、「自分」からも「周りの人」からも意識を外させます。髪の毛を触りたくなってきてしまった時は、意識的にピアスを触るようにしてもいいかもしれません。髪の毛のおしゃれを制限されている分、好きなデザインのピアスをすることで気分転換しつつ、「抜毛症を少しでも我慢するぞ!」などの願掛けの意味を込めて付けてみるのもポジティブに抜毛症と向き合う心構えになると思います。

 

いかがでしたでしょうか。

抜毛症とおしゃれは切っても切れない関係です。

工夫してたくさんのおしゃれを取り入れることで気分も高揚し、前向きに抜毛症の自分と付き合えるようになりたいと思っています。

 

 

スポンサーリンク

-ブログ, 抜毛症のお話